費用を把握して利用する

白い錠剤

アフターピルを手に入れる方法は2つあります。
一つが病院で処方してもらう方法、そしてもう一つが個人輸入代行サービスを利用する方法です。
それぞれに違ったメリットがありますが、このページではそれぞれの方法で必要となる費用に注目してみましょう。

まず、病院でアフターピルを処方してもらう場合では、どの程度の費用が必要になるのでしょうか?
まず診察などの料金がまず必要になります。そのうえで、3000円~15000円程度必要になってきます。アフターピルと一口に言っても、種類が豊富になっているので、利用するアフターピルによって料金も5倍も変わってきます。
ですので、診察料なども加えて考えると、最大で20000円近い費用負担がアフターピルを処方してもらうのに発生してしまうのです。

個人輸入代行サービスを利用する場合ではどうでしょうか?
まず、個人輸入代行サービスを利用する場合では、診察などの費用は必要ありません。ですが、輸入になるので送料が発生します。
アフターピルの費用に関しては、病院で処方してもらう場合と大きな差はありませんが、安いものでは2000円しないものもあるので、そうしたものを購入すれば2000円+送料でアフターピルを手にすることが可能です。

病院なら20000円かかるような治療薬が、個人輸入代行を利用するだけで10分の1にすることができるとなれば、このサービスを利用しない理由というのは何もなくなるのではないでしょうか?